KODAMA Corporation

ものづくりにかける情熱に、それ以上の情熱で応える。

コンセプト紹介

コダマコーポレーションの提供価値

コダマコーポレーションの提供価値

製造業に携わる企業の生産性を高め、経営を改善すること。それが、コダマコーポレーションが提供する価値です。CAD/CAM/PDMが実現するのは、いわば熟練した職人の技。このシステムをより効率化させることで、日本のものづくりはもっと強固なものになります。

製品にかける想い

製品にかける想い

ものづくりの現場は、CAD/CAM/PDMといったソフトウェアが支えています。コダマコーポレーションが開発と販売を手がける「TopSolid」シリーズは、従来個別で扱われていたデータを一本化することで、非効率を解消し、ものづくりの生産性を飛躍的に向上させます。

コダマコーポレーションのビジョン

コダマコーポレーションのビジョン

コダマコーポレーションは、たんなる物売りは決してしません。私たちの提案が、ものづくり企業の経営に貢献できないようであれば、売らない。それは当たり前のことだと考えます。顧客志向を徹底して突き詰め、企業の経営改善を目指し続けます。

事業紹介

主力製品 TopSolidシリーズ

世界で唯一、データの一気通貫を実現する3次元ソリッドCAD/CAMシステム「TopSolid」シリーズを国内にて販売。国内の製造業のニーズをヒアリングし、製品開発へとフィードバックしています。製品の導入により、従来10日かかっていた工程が3日になるケースも。圧倒的な製品力の高さはもちろん、顧客の経営課題にまで入りこめているため、数々の大手企業にも支持され、導入数・シェアともに急速な拡大を続けています。

サービス概要 サービス コンサルティング

CAD/CAMのシステムはものづくりにおける根幹。システムの移行には大きなリスクが伴うものです。コダマコーポレーションは、システム導入後の教育セミナー、導入立ち上げ支援のコンサルティング、運用改善コンサルティングといった手厚いサポートによって、製造業のシステム移行を支援します。

  • CADとは CADとは

    「Computer Aided Design」の略語。コンピューターの画面上で設計や製図を行うためのソフトウェアのこと。

  • CAMとは CAMとは

    「Computer Aided Manufacturing」の略語。CADで作成した形状データから、工作機械に送るための加工用プログラムをコンピューター上で作成するためのソフトウェアのこと。

  • PDMとは PDMとは

    「Product Data Management」の略語。工業製品の開発工程において、製品のデータと製造プロセスを、ソフトウェアを使って一元管理するシステムのこと。

ソリューション事例

ソリューション事例
  • 1. 課題従来、製品の曲面を研磨する工程を外注。しかし、仕上がりや納期に不満があった。

  • 2. 施策同工程を内製化できるソフトウェアを提案。品質向上と工数削減を狙い、当社製品を導入。

  • 3. 導入研修3次元CADを初めて利用するため、導入研修と導入後のサポートでシステム導入を支援。

  • 4. 成果&サポート仕上がり精度や納期問題を解決。使い勝手に満足するだけでなく、外注費の削減も実現。

導入効果

  • 株式会社リコーモジュール化により業務の標準化を実現。設計効率が大幅に向上しました。

  • パナソニック株式会社工数55日が29日に。年間1.5億円の金型費削減を実現しました。

  • ツインバード工業株式会社年間90の開発モデルを「TopSolid」で設計。工数を3〜5割も短縮できました。

  • 三菱農機株式会社加工準備から実加工まで10日かかっていた作業が、わずか3日に削減できました。

顧客の声

  • Coming Soon

  • Coming Soon

取引実績

IHI・東芝パワーシステム株式会社、アイシン精機株式会社、株式会社アマダ、アルプス電気株式会社、NECディスプレイソリューションズ株式会社、株式会社岡村製作所、株式会社神戸製鋼所、株式会社デンソー、株式会社東芝、日産自動車株式会社、株式会社ニフコ、日本航空電子工業株式会社、日本圧着端子製造株式会社、パナソニック株式会社、株式会社日立製作所、富士重工業株式会社、富士ゼロックス株式会社、富士電機エフテック株式会社、富士通フロンテック株式会社、三菱電機株式会社、ミツミ電機株式会社、三菱自動車工業株式会社、三菱重工業株式会社、株式会社リコー(順不同)

他、4000社以上の日本全国のメーカーにサービスを提供。

動画で見るコダマコーポレーション