KODAMA Corporation

ものづくりにかける情熱に、それ以上の情熱で応える。

Case 1

営業部 T.Y

Profile 大手ハウスメーカーで営業として勤務後、ソーシャルサービスを展開するベンチャー企業に転職。しかし、「本当にお客さまのためになる仕事ができているのだろうか」という想いから、2014年コダマコーポレーションに入社。

Yの歩み
何に価値を見出し入社したか

1社目のハウスメーカーでは社長賞を獲得したこともあります。ですが、「この営業は本当にお客さまのためになるのか」と疑問を抱くことも…。それは、2社目のソーシャル系ベンチャー企業でも同様でした。だからこそ、「お客さまの経営に貢献できないなら売るな」という代表・小玉の思想に深く共感し、業界未経験の不安はあったものの、入社を決めたのです。

入社後の研修の振り返り

私はCADのことも、CAMのことも、まったく知らずに入社しました。ですが、入社後の研修では、2カ月ほどかけて業界や製品の知識をみっちりと頭に叩き込むことができたので、未経験でもチャレンジすることができました。前職2社での経験で営業力には自信があったからこそ、製品知識を身に付けて早く活躍したいと考えていた時期ですね。

ターニングポイント

営業を始めた当初、お客さまからの細かい質問に答えられず、「こんなことも分からないの」と言われたこともありました。時には、知識不足から製品の良さが十分に伝えられず、上司の助けを借りて受注に至ったこともあります。知識が足りないのならば持ち前の営業力でカバーしようと必死に取り組むことで、徐々に成果を出せるように。その結果、初年度で6件の新規受注を獲得することができたのです。

コダマコーポレーションで描く未来

将来的にはマネジメントかプレイヤーか…、といった選択肢もあるのでしょうが、私はまだ入社年次が浅いため、まずは自分個人としての生産性をもっと高めていきたいと考えています。この仕事は、お客さまとの信頼関係が築けると、とても楽しくなるんです。製品知識が重要な一方で、製品知識だけで売れるわけでもない仕事だから奥が深い。この先、社外からも社内からも評価の声を積み重ねていきたいです。

Case 2

営業部 J.T

Profile 大学を卒業後、イベント会社で制作に携わっていたが、もっと人と話す仕事がしたいと思い翻訳会社の営業に転職。その後、より規模が大きく、成長性・将来性のある舞台で営業として活躍するため、2006年コダマコーポレーションに入社。

Tの歩み
何に価値を見出し入社したか

事業に将来性があり、価格勝負の営業ではないところに惹かれて応募しました。また、私は前職で自動車に関わる文書の翻訳会社に勤めていたため、ものづくりの知識が生かせるのでは、と考えたのも理由のひとつです。代表の小玉と面談した際、「製造業を変えるんだ」という熱い想いに触れ、これまでただのツールだと思っていたCADに対するイメージが一変。迷わず入社を決めました。

入社後の研修の振り返り

前職の翻訳会社では自動車に関わる業務を行っていたため、「CADが何か」という程度のことは理解していました。とはいえ、入社後には改めて、当社のCADと他社製品の違いはどこにあるのかなど、専門的な研修を行いました。また、CADだけでなくCAMや金型まで知識の幅を広げることができました。周囲には業界未経験者の方も多く、入社時点ではCADやCAMの知識がなくてもまったく問題ない、充実のバックアップ体制です。

ターニングポイント

コダマコーポレーションの製品力の強さは、頭では理解していましたが、本当に企業のためになっているのか、肚の底から実感できていなかったのも事実でした。しかしある日、営業を始めてから数社目のお客さまから「導入して本当に良かった、助かったよ」と言っていただけたのがきっかけで、当社の事業の意義に気付くことができました。それからは、「この提案はお客さまのためになる」と、より自信を持って提案ができるようになりました。

コダマコーポレーションで描く未来

現在、入社から約10年。入社後数年は思うように結果が出せず苦しい時期もありましたが、ようやく自分のスタイルが確立でき、安定して売上の数字を上げられるようになってきました。私が苦労したからこそ、これからは、なかなか結果が出せずに苦労している若い社員たちの力になりたい。継続することでお客さまとの関係構築ができる、その大切さを教えていきたいです。