製品

CAD
PDM
金型設計
CAM
CAE
ビューワ

3次元ソリッドミーリングCAMシステム TOPcam

3次元ソリッドミーリングCAMシステム TOPcam
 

概要

TOPcamは、3軸加工はもちろんのこと、従来の3次元CAMシステムが苦手としてきた穴あけ、2軸加工を強化しており、高精度な加工を効率よく行えます。

ひとつのシステムで、2軸、穴加工から旋盤、複合加工や同時5軸加工までをカバーし、従来工作機械や加工方法によって散在していたCAMシステムを集約でき、NCプログラミングの効率化だけでなく、工作機械の稼働率を最大限に向上することができます。

マシンシミュレーションを搭載し、ツールパスを作成しながら機械動作を
確認できるため、作業効率が飛躍的に向上します。

 

 
 

穴あけ、2軸加工

TOPcamは、3次元システムでは苦手と言われてきた2次元加工を強化しています。

加工する面をクリックすれば、輪郭、面削り、ポケット加工などのコマンドが自動でリストアップされます。加工済みの面をクリックすれば、取残し加工のツールパスを作成します。

穴加工は、 TOPsolid、Autodesk Inventor、Solid Edge、SolidWorksなどのフィーチャから自動で行えます。

 
 

3軸加工

等高線加工では平坦部や傾斜角度が緩い部分に補間パスを作成します。

傾斜角度によって等高線加工と走査線加工を切替えることも自在です。

これらと同心円状に切削する複合面面沿い加工を組合せ、切削時間と工具負荷を考慮しながら、高品質な加工を行えます。


 

旋盤、複合加工

旋盤加工と切削加工を同時に行える複合加工は、工程のタイミングを合わせることが重要です。

TOPcamでは、タレットやスピンドルの動作タイミングを視覚的に調整でき、加工時間をできる限り短縮します。

 
 

同時4/5軸加工

インペラや航空部品などの複雑形状はもちろん、アンダーカットが無い形状でも、加工精度の向上や工程集約を実現する同時4/5 軸加工。

TOPcamでは、3軸加工のツールパスを同時5軸加工に変換できるなど、高度な加工を簡単な操作で行えます。

 
 

加工ノウハウのシステム化で加工を標準化

TOPsolidシリーズでは、形状データだけでなく設計で定義されたすべての情報が加工で活用することができます。

この先進のテクノロジー「プロセス」によって、開発・設計から加工まで一連の業務が統合され、すべての工程の自動化が実現します。

TOPsolidなどで配置したボルトには、穴の種類や大きさ、精度などの情報「形状プロセス」が登録されています。

TOPcamでは、標準的な加工方法を「加工プロセス」としてデータベース化することができます。

TOPcamは、形状プロセスを認識し、加工プロセスと照合することで、自動的に工具パスを作成できるため、誰もが高品質な加工を行えます。

オペレータの作業効率は大幅に改善され、その加工ノウハウはシステム化され、加工の標準化を推進します。


 

ワークの管理による加工領域の決定

TOPcamでは、ワーク(加工材)の状況をソリッドとして管理することで、加工すべき領域を自動認識します。

ワークの形状は、 TOPsolidのモデリング機能で自由に作成できます。

高精度な加工を行うためや加工時間を短縮するために、複数の工程の順序を入替えることはよくあることです。

その場合でも、加工開始高さなどの加工条件は自動で最適化されます。


 

標準装備されたマシンシミュレーション

TOPcamなら、マシンシミュレーションを標準装備しているため、ドライランの時間を大幅に短縮できます。

同時5軸加工や複合旋盤加工など、複雑な加工では加工前のシミュレーションが不可欠です。

CAMシステムのシミュレーション機能では、工具周辺しか確認できません。

専用のシミュレーションシステムは、NCデータを作成しなければならず、時間がかかり、高価です。

TOPcamに搭載されたマシンシミュレーション機能は、インデックステーブルやヘッドも含めた干渉チェックを行え、ツールパスを作成しながら干渉やエアカットを視覚的に確認でき、ドライランを短縮できます。


 

加工指示書

TOPcamで作成する工具リストや加工指示書は、段取り作業を効率化します。

準備すべき工具や加工材、加工工程の情報を瞬時に担当者に伝えることができます。

記載する内容は、TOPsolidまたはMicrosoft Excelで自由にカスタマイズできます。


 

CADとCAMの真の連携で設計変更も瞬時に対応

従来の3次元CAMシステムが持つCAD機能では、入手した3次元データの修正や調整しか行えませんでした。

そのために、製品モデルの修正やジグの設計は、毎回設計者に依頼する必要がありました。

修正後は、データを再度変換し、加工条件を再設定しなければなりませんでした。

TOPcamでは、ボスやリブを移動したり、中間公差寸法のモデルに修正したり、製品モデルを参照しながらジグを設計したり、さまざまな場面でTOPsolidの充実したモデリング機能を利用できます。

また、これまで面倒だった修正後のデータ変換や加工条件の設定も必要ありません。

設計変更などによる製品モデルの変更は、ただちにツールパスとNCデータに反映され、修正漏れや修正ミスを防止できるからです。

TOPcamがTOPsolidと完全に連携しているから実現できる機能です。

   

ムービー「TOPcamによる5軸加工」

必要なシステム

関連製品