山陽株式会社様

プレス金型のフル3次元設計で設計ミスの撲滅と最少トライ回数を実現

製品モデルの変更が金型構造モデル、2次元図面、NCプログラムにまで連動、まさにデータの一気通貫でものづくりが変わった。

自動車やオートバイ、農業機械、汎用小型エンジン、産業機械、住宅、OA機器等、 あらゆる分野に使われている精密部品を製造する山陽株式会社。精密プレス板金加工や精密切削加工のほか、溶接やカシメ、精密機器組立工程を持ち、加工から組立まで一貫した生産体制を確立している。

2006年、まだまだ2次元で設計・製作されることの多いプレス金型の業界において設計の完全3次元化を敢行。素早い立ち上がりにより導入翌年には46型をフル3次元設計。2次元CADでは確認できなかった干渉の完全検証を可能にし、製品の設計変更が起きたときには製品の3次元モデルの変更で2次元図面まであっという間に漏れなく修正。設計のポカミスはなくなり、トライの回数も削減された。

取材年月2017年6月
業種プレス金型製造他
導入システムTOPsolid / TOPprogress / TOPcam / TOPwire
所在地大阪府八尾市宮町4-2-26
設立1952年
資本金9,600万円
従業員数127名(海外含むグループ合計377名)(2016年12月)
事業内容ワイヤーフォーム品、薄板ばね、シム、プレス加工品、溶接加工品
アッセンブル品、金属プレス金型、マルチフォーミング用金型、合理化設備の設計・製造販売
ホームページURLhttp://www.sany.co.jp/