▶︎対象

プラスチック金型設計

▶︎期間
3日間(10:00~17:30)

▶︎内容
TopSolid’Mold 7を使用した一個取り・複数個取り金型の型構造の作成、冷却回路の作成、スライド部の作成などのTopSolid’Mold 7を使った金型設計手法を理解していただくためのコースです。また、自社規格部品の登録方法を習得していただきます。

  • 一個取り金型の作成
  • 複数個取り金型の作成
  • 2次元図面への展開
  • 冷却回路の作成
  • スライド関連部品の設計
  • 成形品の置換え方法
  • 規格部品の登録
  • 質疑応答
1日目 2日目 3日目
セミナー内容の説明、TopSolid’Mold 7デモンストレーション

課題1:一個取り金型の作成

  • モールドドキュメントの新規作成、標準モールドベースの配置
  • 入れ子プロセスの実行、ツバの作成
  • 部品リスト、組図の作成

課題2:複数個取り金型の作成

  • モールドドキュメントの新規作成、ツバの作成
  • マルチキャビティの実行、ユーザーモールベースの配置、入れ子プロセスの実行
  • エジェクタピンの配置
  • 規格部品の配置、干渉チェック
  • 部品リスト、組図、マルチドラフトの作成

課題3:冷却回路とランナーの作成

  • 冷却回路の作成、冷却回路の修正とバッフル板の追加
  • 冷却回路プロセスの実行、冷却回路の干渉チェック
  • 参照パートを作成して変更、ランナーの作成、ランナープロセスの実行
  • スライド、ガイドレールの配置
  • アンギュラピンの配置、アンギュラピンプロセス
  • ロッキングブロックの配置、スライドの編集
  • 斜め方向のスライドの配置、逃がし穴の作成、アンギュラピンの配置
課題4-2:型開きシミュレーションの作成

  • 型全体のシミュレーションの作成
  • スライド部のシミュレーションの作成

課題5:成形品の置換

  • 成形品の置換
  • エラーの修正、金型の新規アセンブリの置換

課題6:部品登録①

  • コネクタ、ブシュ、サポートピラの登録

課題7:部品登録②

  • プロセス、プロセス規則、ウィザードの定義

課題8:モールドドキュメントのテンプレート化

  • プモールドドキュメントのテンプレート化

▶︎受講条件
TopSolid’Mold 7 基礎コースを受講し、理解していること

▶︎開催予定
日程が未定、またはご希望の日程がない場合には、お申し込みフォームの「その他ご希望日程」に、第一希望、第二希望の月日を入力してください。日程を調整し、こちらからご連絡させていただきます。
入力例:10月1日、10月上旬

Googleカレンダーに対応しているブラウザ
■ パソコン
次のブラウザの最新バージョンとそれ以前のメジャー バージョンで動作します。
・Google Chrome
・Microsoft Edge
・Firefox
・Safari

■ iPhoneとiPad
次のブラウザの最新バージョンで最適に動作します。
・Google Chrome
・Safari

▶︎会場と周辺のホテル
会場と周辺のホテルは、こちらをご覧ください。